学則トップ画面

アクセスマップ

湘南国際アカデミー 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 902号室
charenge25 湘南国際アカデミー
ツイッター
facebook

湘南国際アカデミー学則


この度は、湘南国際アカデミーが実施する講座を受講頂きありがとうございます。
このご案内は皆様の受講が円滑に、かつ効果的に行われるよう、受講中にご留意頂きたいことをまとめたものです。
受講開始前に、必ずご一読いただきますようお願いいたします。
日々の受講が、皆様の目指す目標達成に役立つことをスタッフ一同心より応援しております。


求職者支援訓練校としての規則

受講条件

心身ともに健康でアロマ・ハーブに関心のある方であればどなたでも受講可能です。
傷病をお持ちの方や、何らかの理由で通院されている方は事務局までご相談ください。
受講を進めるにあたって、傷病が悪化する可能性のある方は受講を中止していただく場合がございます。
講座カリキュラムを全て一人の力で遂行できることが条件になります。

受講に当たっての心構えと態度(規律・服装)

あくまでも当スクールは学ぶ姿勢と就職する意思のもと受講にあたって頂くとともに当スクールの規律に従い行動してください。受講生らしい服装で受講お願いします。

出席管理

①出欠状況は、受講者毎に毎訓練日・各時限毎に出席及び遅刻・早退・欠課を管理します。
②受講者が出席すべき、入校式・修了式・キャリコン・就職支援・職業人講話・職場見学等も出席管理対象です。※ハローワーク来所日については、出席管理の対象外です。

遅刻、早退、欠課、欠席時の取扱と連絡・届出方法

受講生は、病気その他やむを得ない理由により求職者訓練を欠席するとき、または欠席したとき当スクールあて所定の欠席届を提出願います。
受講生は、やむを得ず遅刻、早退又は欠課するときは、事前に当施設あて所定の遅刻届、早退届又は欠課届を提出願います。
なお、突発的事由により事前に提出できなかった場合は、事後できるだけ速やかに提出願います。

修了の判断基準

あらかじめ定められた訓練日数の8割以上を受講しているとともに、習得した知識・技能が修了に値すると当施設が認める場合に修了とし、この要件に該当する受講生に対して、当施設が修了証を発行します。

受講生の荷物について

受講生の私物の荷物は毎日受講終了後に必ずお持ち帰りください。ただし、座布団とひざ掛けについては教室内の指定の場所にきれいに重ねて保管しても構いません。

退校処分の判断基準と手続き

出席日数があらかじめ定められた総訓練日数の8割を満たさなくなった場合は、その時点で退校処分となります。
当施設において秩序を著しく乱す等、求職者支援訓練の受講生として相応しくないと当施設の長が認める場合は、求職者支援訓練の受講を取りやめていただく場合があります。
《判断基準の例》
(イ) 欠席、遅刻、早退及び欠課が著しく多い場合や技能及びこれに関する知識の習得状況が芳しくない場合等、修了が見込まれないとき
(ロ) 施設の秩序や訓練受講環境を著しく乱したとき、又はみだすおそれがあるとき
(ハ) 故意に施設の設備又は物品を亡失、毀損又は施設外に持ちだしたとき
(ニ) 法令違反等、公序良俗に違反し、社会通念上、訓練受講生として相応しくないとき
(ホ) その他、訓練の受講継続が困難であるとき

上記においては、当該状況が見受けられたことをもって直ちに退校処分とするのではなく、原則として次に示す「指導」「警告」「勧告」の3段階の流れに沿って指導を行い、それでも改善が見受けられない場合に限り、退校処分とする。
(イ) 日々の訓練の受講状況から、そのような兆候が見受けられた場合には、事情を確認し、速やかに口頭にて指導を行う。《第一段階「指導」》
(ロ) 指導にもかかわらず、その状況が続いた場合には退校処分とせざるを得ない旨を説明し、文書にて改善の警告を行う。《第二段階「警告」》
(ハ) 警告にもかかわらず、改善がなされない状況が続いた場合には、期限を指定し、その期限までに改善がなされない場合には、文書にて退校処分とする旨の勧告を行う。《第三段階「勧告」》
(ニ) 勧告にもかかわらず指定した期限までに改善がなされない場合には、訓練実施施設の責任者が退校処分を決定し、本人へ書面で通知する。

自主退所の場合は受講生が傷病その他の事由により受講を取りやめる場合は、受講生は所定の退所届及び就職状況報告書を届けてください。

受講者が故意又は重大な過失により設備又は物品を亡失又はき損した場合の弁償

対価に応じて代償して頂きます。

災害等非常時の休校

状況に応じて休校判断します。休校時は電話連絡で対応致します。
休校した場合の補講は行います。

実技合意書について

実技におきましては事前に指定の「実技合意書」への署名が必要になりますのでご理解ください。

訓練(実技)の実施・注意事項

アロマトリートメント実習・フェイシャルトリートメント実習の一部は、相モデル(訓練生が実技を行う側と受ける側に分かれて実施する)を取り入れての訓練実施となります。
相モデルでは、訓練を実施した際のリスクがあります(詳細は、別途ご説明いたします。)
また、実技の実施状況確認のため、実習時の見学があります。

受講者に対する訓練サービス上の責務(訓練受講や就職支援に関するバックアップ体制)

訓練受講内で理解できなかったことなどに関しては講義外でも質問をうけたまわります。
就職支援に関してしっかり相談をうけたまわります。

訓練の時間割について

当施設の訓練時間割は、1時限(50分)につき10分の休憩時間をとることを原則としますが、授業の進行状況により担当講師が調整することが多々ございます。

有料コースと求職者支援訓練の共通事項

安全衛生上の注意事項

受講生が安全に受講ができる環境づくりにつとめます。
受講生の健康状態を把握し、健康面に問題がある場合、問題を早期に発見するためにも健康状態を報告してください。

認定校について

認定校のカリキュラムを80%以上履修できない場合は、修了証明書は一切発行できません。(部分認定はありません)

妊娠中の方について

妊娠中の方は原則として、母子保護法により受講できません。この場合の途中退校に係る返金につきましては、母子手帳の写しを学校側に提出後にご返金致します。

変更について

カリキュラムの日程や担当講師、時間等が変更する場合がございますので、ご了承ください。

AEAJアロマテラピー認定クラスのカリキュラムを欠席した場合は、補講(振替受講)を希望される方は別途費用が必要になります。ただし、次回予定がある講座におきましたら振替補講が可能です。

コース変更について

いかなる理由においても受講途中でのクラス変更はできません。(振り替え、補講は含まれません)

駐車場について

当施設は駐車場を完備しておりません、近隣の有料駐車場及び市営の駐輪場をご利用ください。
※違法駐車や当施設周辺での駐輪は、近隣の方々のご迷惑になりますので、ご遠慮ください。もし上記のことが発覚した場合には速やかに移動していただきます。

美化について

講義で出たゴミは所定の場所にお捨てください。
昼食などで出たゴミや空き缶、空き瓶、ペットボトルはお持ち帰りください。
マナーを守って美化にご協力ください。

清掃について

自分たちが使用した教室は自分たちでキレイな状態を保つ心がけを持ってください。

訓練生災害補償制度について

当スクールにおいて損害保険会社の企業向けに設ける企業賠償責任保険に加入しています。

飲食について

飲食については、休憩時間内にてお願いいたします。水分補給に関しては授業中でも可

喫煙について

指定の場所で喫煙をしてください。 喫煙場所は非常口の外にございます。※指定場所以外での喫煙をする方(喫煙を禁止されている場所) 注意、警告をしてもマナーを守れない方には退校していただく場合もございます。 この場合の受講料の返金等につきましては、当社規定により対応させていただきます。

携帯電話の使用について

授業中の携帯電話のご使用は、周りの方のご迷惑になりますので禁止しております。電源をお切りいただくか、マナーモードに設定してください。また、アラーム音等は音の出ない設定にしてください。

貴重品の保管について

当施設では貴重品の保管を承っておりません。貴重品はお手元から離さず、ご自身で管理をお願い致します。施設内での紛失に関して当施設は一切の責任を負いかねます。

忘れ物の取り扱いについて

研修室などで忘れ物をされた場合は受付までお問い合せください。忘れ物は発見後2週間お預かりいたします。その間申し出がない場合、廃棄処分といたします。また、施設内にて忘れ物を発見された場合も受付までお届けください。

教材について

ご購入いただく教材以外(資料等)は、教科担当講師よりその都度お渡しします。当日の教科に係る教材は忘れずにご持参ください。忘れた方への貸し出しは原則行っていません。

クーリングオフについて

契約日(講座料入金日)より8日間(開講日前日まで)はクーリング・オフ期間とし受講料全額返金を行う。ただし、契約日より8日間以内に講座が開講した場合は、開講後のクーリング・オフは適用しない。

返金について

受講を開始する前に事前にお申し出いただいた場合は受講料金を返金させていただきますが、受講が開始された後にお申し出があり、受講を中止する場合はキャンセル料が発生いたしますので予めご了承くださいませ。

悪質な受講態度

受講中の私語や、他受講生並びに講師への嫌がらせとみられる言動や行動等、社会人としてのモラルの欠如とみられる言動や行動等)や学則を著しく違反し更生が見られない場合は、該当者には退校していただくこともあります。

この場合の受講料の返金等につきましては、被害の程度や当社規定により対応させていただきます。

この度の講習が皆様の目標達成に役立つようにスタッフ一同心より応援させていただきます。